外科医と看護師の技量 [日常]

2か月に1度の採血を終えて、おもう。


前回の結果は3つの項目のうち、2つは正常値へ落ち着き、あと1つが規定値内に入れば

投薬を辞めていく方向へ(すぐにはやめれませんが)進めると楽観視している。


採血をする看護師によって、「上手」、「下手」があるのを御存じでしょうか?


小さなお子さんや肥満の方の採血はとても技術がいるとおもうのですが

私のようなやせ型の太い血管の良く見えるタイプは針を差し込む場所も範囲もわかりやすく

練習には良い素材だと考えられます。


「上手」な看護師の方は集団検診の現場などではよく見かけます。

しかし、一般病院では様々な方がいます。


「上手」というのは技量がある それだけではなく、仕事に対して真摯に丁寧に向き合えるか?

それもあると感じています。電化製品などでも海外生産は同じ設備を使っていても

労働者の意識の低さから不良品や不良品寸前などの製品が日本より遥かに多いのは一般的です。


それは医療の現場でも同じ。海外=外国人というわけではなく、丁寧な仕事が出来るか?

高いモチベーションがあるか?ということになります。


採血の場合、上手な方にしていただくと、痛みもほぼありません。すっと入りますし、

抜くときも気を付けて、丁寧に抜いてくれます

故に残るのは「針の孔」小さな穴が残るのみで、その後の痛みもほぼありません。


それが逆のタイプの看護師にされるとどうなるか?

PXL_20220510_010748478.jpg

こうなるのが一例。本来は小さな穴があくだけなのに、血管に沿い線状に皮膚下に傷がある。


これは針を抜くときに針先を下側へ力を込めて抜かれると、血管壁に針先がこすれて、

血管壁に傷がつき、痛みが30分~数時間続きます。治る(傷が消える)のは1週間くらいかかるでしょうか。


前回の方は物腰も優しくて、お若い女性でしたが丁寧にしていただき、

「上手いなー、この人に毎回抜いてもらいたい」と感心しました。


その前は年配の方で酷かったです。針先で血管を突き破り、内出血し、5㎝範囲くらいで

皮膚が青黒く変色しました。治るのに2週間以上かかりました。


その年配の方の失敗はその1回だけではなく、何度かあり、採血してほしくないのですが

患者に「拒否権」はないのかな?とおもいます。


今日も前回の上手だった方がいたのですが、別の方を採血していて、毎度、適当にする気の強そうな

看護師さんにあたり、、、「うっわー、、やだなあー」と思っていると、やはり、写真のようになりました。


で、考えたのですが・・・・

採血する看護師さんを指名は出来ないのか?(--;)ということ。


体に関することですから、同じ金額を支払うのなら、丁寧にやってくれる方が良いですよね?


スポーツクラブとかならインストラクターを指名できるでしょ?

なぜ、医療ではそういう風習がないのでしょうか?悲しい。


****************************

外科医もそうですが私は外科医に全くよい印象がありません。

特に若い外科医。研修医。


20年ほど前の盲腸の手術でも術前に本来の紹介された医者が別のオペででれないからと、

若い研修医らしい2名に半身麻酔で実験体のように腸をすべて出され、

出しすぎて胃を引っ張っていてもわからない外科医。「胃が痛い」というと

にやにやしながら、「そりゃ腸を出しているのだから当然だ」と言いやがりました。


たかが盲腸で傷口も5㎝くらい切り裂いたあげく、縫い方も適当で不安になり、

「これは傷は治るのか?」ときくと、やはりにやにやしながら、

「半年くらいで消えます」と言った。


それから17年、、、傷跡ははっきりと残り、内部で癒着を起こし、そこに便がたまり、

引きつり痛みをだし、便秘にもなるという、、、ろくな想い出がありません。

一生懸命、丁寧にやってそれなら、仕方ないとも思えるのですがあのにやついた顔がたまりませんでした。


片頭痛の治療でも、なぜか鼻の内部を切り取り、左右の鼻の穴をつなげる手術をわけもわからず

されたこともあるのですが、まったく改善もせず、今もたびたび起こる頭痛に悩まされています。

その時も術後のミスがあり、担当の若い医者は謝罪もせず、上目線で逆に機嫌が悪かった。


医療業界にも指名制・・・せめて、採血くらいはさせてくれても良いんじゃないか?

そんな日でした。

nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

よっすぃ〜と

血管突き抜けられたことがあります(>_<)
by よっすぃ〜と (2022-05-15 22:36) 

bis

よっすぃ〜とさん
有れ嫌ですよねー。しばらく痛みもありますし、
青紫に広がりますしね。
by bis (2022-05-24 10:38)