2頭目の保護犬の引き取りを悩む [dog ボランティア]

我が家の愛犬コタローは保健所に収監されていた殺処分待ちだった保護犬なのです。

2週間出会うのが遅ければ、会えなかった子です。


保健所の紹介でも危険な犬の科目に入り、紹介されるとき、引き取るときの両方の機会で

「本当によろしいんですか?」と念押しされた思い出があります。

当時、コタローは施設内で争ったらしく、眉間に数センチ抉れた傷が生々しくあり、

それもあってということだった。


実際に引き取ってみると、コタローはとても賢い犬で飼いやすい飼い主にはありがたい子でした。

犬種、猟犬の血が濃いのか、他の小動物を襲う・・それだけが問題行動で残りましたが。

人間だって、完璧な人なんていないし、いればそれは神様だしね。1つくらい悪いところはあるよ。


賢いというのは

・室内で決して、尿や糞をしないこと。膀胱炎になっても、下痢であっても我慢してるみたい。

・無駄吠えをしない。近所からのクレームのもとになることですがこれもありません。

・室内を荒らさない。


家に来た当初はにおい付けなのか、壁を削っていましたがそれもすぐに収まり

いまではおとなしくリビングでくつろいでいます。

kota.jpg

なので、信じてあげれば、応えてくれると自分は思ってます。わんこはね。


********************************

今回の表題ですが、ご近所のお宅が小さな介護療養施設として、変わったのですが

そこで保護犬を4頭ほど、面倒を見ていて、引き取りてを探しているのを嫁様が見つけてきました。


コタローはひっぱりが強いので、同じような25㎏級の大きな子だったら無理ですが

柴犬くらいの大きさなら、大丈夫かもしれない?とおもい、昨日、嫁様と施設へ行ってきました。


施設には小型犬が2頭と雄雌の雑種が1頭づついました。

雌の雑種の子はまだ人が怖くて、引き渡しは出来ないらしく、本人もゲージの奥で小さくなっていました。

顔はとても美人でかわいい子でした。人になれれば、貰い手がつくかな?とおもいました。


もう1頭の雄の子もやはり人がまだ少し怖いようですが手のひらの餌は普通に食べに来てくれるし

とてもかわいい子で大きさもコタローの半分くらいで理想的でした。


散歩にいくことになると、それまで小さくなっていたその子は庭を跳ねまわり、

喜びを体全体で現わして、見ているこちらも、嬉しくなるほどでした。

ただ後ろ脚の関節が少し悪いのがみてとれたので、将来は腰をやってしまうのかもしれないな・・と

不安も残りました。腰は人間も犬のとても大事な部位ですから。

いた.jpgいた2.jpg

小1時間散歩をしましたがその子は終始引っ張り気味でしたがコタローの強い引きになれている私たちは

指1本で制御できる程度の軽さにその点はなんともおもいませんでした。

コタローは両足で踏ん張らないと停めれませんから。


散歩中にその子はもう体を触っても、顔を触っても大丈夫な感じになったので

すぐに懐くかなーと安心しました。


************************************

お礼を言って帰宅。すぐに家族会議です。


命を引き取るということは簡単なことではありません。ペット屋さんでおもちゃを買うように

動物を買う人がいますが、おもちゃは飽きても、放っておいても良いけれど、

生き物は違うんだよ?といつも感じてしまいます。


ご飯は朝夕食べるし、散歩にも1日2回以上は行かないと

いけないし、おしっこや糞の世話もしなければいけない。

病気になればお金もかかるし、旅行に行くのも大変になる。

人間より早く歳を取るので介護することも考えなくてはいけない。


よくあるのが子犬の頃はかわいがるけど、大きくなると邪魔者扱いして、放棄する人間。

庭につながれっぱなしのレトリバーとか、、尿や糞は庭に転がり、、小屋の前にさせられてたり、

結構、みます。悲しいけど・・。子供の頃はぬいぐるみみたいで可愛い犬種だけど、大きくなるからね。


そういうのもあり、我が家での悩みの点は1つです。


「MONEY」


決して、裕福ではない我が家。貧乏ライダーブログですからね、、元々が(^^;

お金さえあれば、たくさん助けてあげたい気持ちはあるんですけどね。


犬が1頭増えるということは

・エサ代は倍

・健康管理のワクチンや予防接種も倍

・旅行の際のNPO施設への預け入れ金額も倍

 (コタロー1頭だけでも、人間より高額になる場合がある、キャンプとかだと100%で数万円になる)

・病気のリスクも倍

・室内で飼うことが出来るか?尿と便の躾の問題です。もう成犬なので、1からは難しいのです。

 コタローはなぜか最初から出来ましたが。

・出来なければペットシーツやおむつを買い続けなければならない。


そんなところで「どうしよー」という話になったのです。

わんこ自体はとてもかわいいです。


後、問題なのはコタローに噛まれて、PTSDにならないか?です。


絶対に1度は位付けのために噛みます。これは防ぎようがありません。24時間監視は無理ですから。

コタは皮膚1枚だけを噛み両足で押さえて優位を示すのでそれ以上はないとおもうのですが。

愛称が良ければよいのですがね。


何も考えずに、

「かわいいから!」

と出来るものはないのですよね。現実問題。


******************************

結局、相談の結果


しばらく通って、「散歩ボランティアをしようか?」

ということになりました。

散歩のボランティアも募集していたのでそれをやってみようということになりました。

その際、コタローもつれて散歩に行き、愛称を見たり、ならしてみようということに。


愛情が芽生えれば、引き取る決心がつくかもしれないし。


そういうわけで「悩んでいる」理由でした。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0