東名高速 バイクへの煽り運転動画 [ツーリング]

今回のロングツーリングの冒頭でも少し触れましたが

神洞ホタル池キャンプ場でみたあの白いクラウン。



同車種に帰りの東名高速において、悪質な煽り運転を受けました。

そちらの動画となります。


バイクは走行中に車に接触されると命にかかわります。

しかも、その危険をあえておかし、高速で行うとは信じられません。


私のバイクはラジエーターファンが停止しているので、低速で走るのは避けたかったため、

前が詰まった場合のみ、追い越し車線を走行しています。

今思えば走行車線に逃げるべきでした。


事故に巻き込まれず、無事に帰れたことに感謝します。

煽り運転で相手の命を奪う前に、その性格を直すことをお勧めします。

人生が変わってしまう前に。


ccrown.jpg

ああ、なんだか白いクラウンが嫌いになりそう。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

1300㎞ 富士山キャンプロングツーリング <4日目> [ツーリング]

<DAY 4>-16年前の悪夢が再びよみがえった日-


昨夜は熟睡でき、爽やかな目覚め。

空は快晴で富士山も美しいシルエットを映していた。


見れてよかった~。本当に思った。


大阪から静岡のふもとっぱらキャンプ場まで来て、見れないととても悲しいでしょ?

ほっとしたよ。


本日の予定は芦ノ湖スカイライン~伊豆スカイラインをまわり、

修善寺でハコ湯に入り、静岡県浜名湖でキャンプの予定。


8時半にならないと、ゴミも捨てれない、エンジンもかけてはいけないという

キャンプ場のルールですので、ゆっくり準備できます。


朝食は昨日購入したクルミアンパン。火で焙って香ばしく温かくして、食べると更に美味しい。

1697146074342.jpg

カフェオレをゆっくりと飲む。富士山を眺めながら。ゆとりのある朝は良いですね~。

PXL_20231012_211554001.jpg

テントの朝露が雨でも降ったのか?と思うほど、凄かったので、タオルで拭き取りしてから、

撤収作業。ペグを忘れない様に。硬い岩でもスノーピークのペグなら、緩い場所を探せば刺さりました。

ペグはテントに付属してる弱いものより、別売りの良いのを買う事をお勧めします。

PXL_20231012_214704035.jpg


PXL_20231012_230704700.jpg

心行くまで記念写真を撮影したら、8時半過ぎに出発です。目指すは芦ノ湖。

キャンプ場の出口が分かりにくい上、砂利で足場が悪いので、重い荷物を積んでいると緊張しますね。


懐かしの裾野市内を通り抜けて、水力発電所のある細い峠道をとおり、芦ノ湖スカイラインへ合流。

懐かし~~!ルネッサだと、この峠道も平気だったのですが、NINJA650だと細い180度コーナーが

続くとブラインドだし、怖かったです。そんな道を走り屋っぽい車が登っていくのは勇気あるなーと。

PXL_20231013_005028532.jpg

最初のPで撮影しようと思っていたのですが水色の軽のおばさんが横づけしていて、駐車スペースが

少なかったので、三国峠まで行くことに。

順番待ちの後、撮影しようとしていると、その軽のおばさんがぎゅーんと来て、三国峠の石碑の横へ

車を乗り捨てて、写真を撮りに小走りに行ってしまいました・・・。


「なぜそこへ停める?」

この後も写真を撮影される方、全てが画角に困っておりました。何枚とるんだというくらい、

おばさんは夢中でスマフォをいじって、どける気配もありません。自分は諦めました・・

こんな人もいるよね、、ということで(汗


バイクを端っこへ停めて、伊豆スカへのコースを模索しているとおかしな音が聞こえてきました。

ボコボコボコボコ

何かが沸騰している様な音です。バイクへ耳を寄せてみると、ラジエーターホースの中から

聞こえるような?!!いや、ラジエーター液が沸騰している!!!!


水温系のインジケーターは赤く光って警告を発していた。前日のまかいの牧場の時に、そういえば点灯していた。

クーラント液は120度を越えないと、基本的に沸騰しない。

それより問題なのは、クーラントが沸騰するほど、高温なのに

ラジエーターファン全く回っていない事だ。


琵琶湖では回っていた。旅の間に何らかの不具合で動かなくなったらしい。

これは伊豆スカまで行っている場合ではない。

緊急でドッグ入りするか、停まらなければ空冷で冷えている様なので、弾丸で帰路につくかの選択。


自分は後者を選んだ。お勧めは絶対にしません。貧乏旅なのと保険にレッカーも付帯しているので

走行中にも点灯しっぱなしになったら、エンジンが焼き付く前にレッカーを呼ぶと決めての出発だった。


任務目標 : 無事帰宅の事!!!!


といいつつ、原因を探求していたら、おばさまが消えたのでこんな時だけどせっかくだから

PXL_20231013_005357928.jpg

落ち着くんだ~~!!


一般道や渋滞しそうな高速のルートは避けるべき。

一番近い裾野ICから東名高速へ乗った。そこまでは警告灯はついていない。空冷で冷えているようだ。

ある程度の速度で走っている限り、冷えて大丈夫なのだろう。秋冬で良かった。


浜名湖ICまで一気に走り、休憩。やはり停車すると警告灯がつくが1分程で消えた。

PXL_20231013_033257415.jpg

停車前はエンジンの回転数を上げずに巡行でPAに入るようにする対策が功を奏したのか。

PXL_20231013_031614842.jpg

これがまた、美味しかった~。


<本日のルート>


芦ノ湖スカから高速で帰宅が目的となりました。


昼食をたべて、走行ルートを見る。グーグルさんは最短距離の伊勢湾岸道路を抜けて、阪和道や

近畿道で帰れというが、阪和道や近畿道は渋滞に引っかかる可能性が極めて高い上、迂回ルートが厳しい。

距離はあるが東名から名神へ抜けるコースを選んだ。名神なら、京滋バイパスや新名神へ迂回できる。


無理して走り続けると、人間の集中力のほうが壊れてしまうので、岐阜羽島のPAでも休憩した。

PXL_20231013_052304067.jpg

偶然、新幹線との写真も撮影できた。回転数をあげない巡行が効いたのか水温系異常の警告灯も点灯しなかった。

PXL_20231013_052710944.jpg

良いことあるかも?と思ったとか思わないとか。


幸い工事での車線規制はあるが、車速が落ちても50㎞は規制区間~80㎞以上の巡行が出来たので

水温系はあがらないようだった。草津から京滋バイパスへ迂回し、最後は名神で茨木ICへ!!!

ここまで渋滞は無し。警告灯もつかなかった。


だがしかし、最初の一般道の信号待ち。

水温系の警告灯がすぐさま点灯した。やばい!!!とりあえず、裾野ICからここまで無給油で

奇跡的にたどり着いたので、スタンドによって、水温を下げる。ガソリンを入れているとランプが消えた。


さて、ここからだ。ここからは神の慈悲なのか、一度も信号につかまらずに、家にたどり着けた。

無事とは言えないかもしれないが、ロングツーリング任務は完了した。


生きて帰れば勝ち。褒められた行動ではなかったが・・任務は完遂。


4日間の総走行距離 1300㎞

KAWASAKI NINJA650 2013model


「道祖神と頑張ってくれたNINAに感謝を」

PXL_20231013_071853153.jpg

さて、原因探求して、修理するか。



芦ノ湖スカイライン・・・自分には方角が悪いのかな・・・とか

オカルトティックに考えてしまいます。

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

1300㎞ 富士山キャンプロングツーリング <3日目> [ツーリング]

AM05:30 長野のライダーハウス ともしびをまだ暗い中出発。

PXL_20231011_201002692-a4b7.jpg

ここでやらかしてしまう。


この写真をみてもらうと気づくかもしれませんが、
アクションカムを荷造りの際に左ミラーの端に引っかけています。
この後、ハンドルに引っかけなおし、出発の際に首にかけようと思ってましたが・・
なんと!このことをすっかり忘れて出発。
<3日目のルート>



ビーナスラインから西湖へ抜けるルートですがナビは昭和町の中心部南下といいますが

?崎南アルプス中央線から富士西部広域農道を走る方をお勧めします。小高い丘を気持ちよく走れます。


 <3日目のルート続き>



松本市内へ向かう

PXL_20231011_204712825.jpg

素晴らしい朝焼け。


かとおもいきや!!

名称未設定-1.jpg

松本市内のドラレコ映像。



松本市内はものすごい霧でした。ヘルメットもシールドもメガネもびしょびしょになるほど。

ウェアは撥水加工でなんとか中までは浸みこまずに済みました。

10m先が見えないほどになっていても、後ろからプリウスが迫ってきて、焦りました。


[道の駅 マルメロ]到着 やっと一息つける。

PXL_20231011_224334662.jpg

松本市内を抜けると霧も晴れたんですよね。堤防沿いを走ったのがいけなかったのか?


この駅で朝食を食べました。誰もいない一目にもつかない場所を探して(--;
PXL_20231011_220426607.jpg
珈琲を沸かして、前夜の夕食だったバームクーヘンを焙って、いただき。
体も温もって復活しました。朝食は大事ですよね。

ここでアクションカムを落としていることが発覚!まぁ、もうどうしようもありませんから、諦め。
この旅にアクションカムを持って行ったのですが1度も使わず。
邪魔だったので途中の走行でもミラーにかけたまま走ったりしておりまして・・。
走行動画はドラレコで撮れているので必要が無かったんですよね。Youtuberでもないし。

他に忘れ物が無いか確認。OK.


最初に向かったのは白樺湖

PXL_20231011_232404469.jpg

19の時くらいにこの近くの車山高原ホテルという所で冬季バイトしていた際、

凍った白樺湖の上を歩いた想い出があって、懐かしいです。

残念ながらバイトしていたホテルは無くなっておりました。


白樺湖が近づいたころ、一時停止を無視したお爺さんにY字路で追突されそうになり、

なんとか躱して、事なきを得ました。危険予測はしていたので助かりましたがでなければ

危なかったです。高齢者ドライバーは要注意です。・・・見えていませんからね。


蓼科 女の神展望台 ビーナスライン

PXL_20231011_234434088.jpg

紅葉がはじまった木立を走り続けます。最初は綺麗だと感じましたがずーっと続くと

普通になりますね。


[道の駅 ビーナスライン蓼科] で休憩。

PXL_20231012_001201618.jpg

[蓼科湖]がとても綺麗でした。ビーナスラインを終え、山を越えて、静岡県へ。

PXL_20231012_000111969.jpg

富士五湖の1つ [精進湖]

PXL_20231012_033323734.jpg

外人さんのペアがラブラブで撮影されていて、ほんわかしたポイント


そして、下って行くと [西湖]

PXL_20231012_034226162.jpg

少し行くと [河口湖]

PXL_20231012_035957016.jpg

湖畔の[道の駅 かつやま]で昼食です。途中休憩に寄った道の駅で[稲荷ずし]を購入して、

ここで湖を眺めながら食べました。


朝早く出発したため、まだ13時でしたのでこの後の計画を練ります。

静岡県は元々嫁様が住んでいた所なので当時デートで行った場所が所々にあります。

懐かしいので行ってみることに。


[忍野八海]へ。[山中湖]のすぐそばにあります。河口湖からは少し距離がありますが

行けるでしょう。

[白川郷]もどうでしたが][忍野八海]も中国系の観光客が多すぎて、辟易して、

長くは滞在できませんでした。

PXL_20231012_044925579.jpg

[鏡池]

PXL_20231012_044655807.jpg

[湧池]

PXL_20231012_044912342.jpg

ここから、樹海の中を突っ切るを道路を抜け、なぜかGoogleさんの案内で別荘地の間を抜けて

(こんな世界もあるんだなーとおもったとさ)デートで行った


[まかいの牧場]へ

PXL_20231012_055325954.jpg

バイク用の駐車場があったので、そこに1台のみの駐車。

エンジンをきると赤く警告灯が点灯していた。


[水温計]


異常表示。しかし、20秒ほどで消えたのでこの時は気にとめなかった。

これが翌日のトラブルの予兆だとはおもわずに。


中に入ろうかとおもったのですが観光地化してしまい1200円

当時は無料だった気がします。400円くらいだったかな?覚えてませんが。

触れるところにヤギとかもいたのですが、今はお金を払わないと入れなくなっておりました。

PXL_20231012_060007624.jpg

無駄に綺麗になったUSJにありそうなトイレで用をすまし、出発。

もう、ここから目的地の[ふもとっぱらキャンプ場]までは20分かかりません。


のんびり走ります。

入り口がわからず、少し悩みましたが奥のほうから、入れました。

ゲートがあって、そこで2000円支払い、入場のルールを教えてくださいます。

パンフレットもくれるので、中でも動きやすいですね。


さて、広大なキャンプ場、どこにテントを張るかで快適に過ごせるかがきまります。

本日は残念ながら富士山に雲がかかって、みえません・・明日に期待。

PXL_20231012_064710907.jpg

場所はキャンプ場の入り口から近いが少し高くなって盛り上がっている場所

周りにテントが無い事を確認。ただ地面が岩が山積し、ペグが刺さりづらい場所だった。


自分は焚火の煙が大の苦手なので、焚火台を使っているキャンパーからは離れたい。

そして、周りに人が居なければベスト。このキャンプ場は17時以降の来場はいない。

車の移動禁止ルールがあるからだ。それもチェックして、周りにいない事に確信。


ただ、、トイレと水場が近い。そのため、じゃりじゃりと足音が良く聞こえる。

人によってはショートカットするために、テントのすぐ横を歩き去る。

ただ、富士山の見え方は最高のポジション。

PXL_20231012_075338805.jpg

夕飯を早めに平らげ、テントでごろ寝。明日のルートを色々考えたりして。

PXL_20231012_080658491.jpg

この日の夕食がこの度のキャンプ飯で一番美味しかったです。

PXL_20231012_081312878.jpg

時間を潰し、20時には寝る事に。やはり足音が気になる。

100人以上のキャンパーがいるし、大丈夫だろう?と持参した耳栓。

イヤーウィスパーを初めて装着。おー!完全には消えないが気にならないLVまで静かになった。

これで熟睡できた。夜中にトイレに起きたが耳栓は抜け落ちていた。

もう一度装着し、日の出の20分前まで熟睡した。


こうして、3日目の夜は過ぎていった。


~~つづく

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

1300㎞ 富士山キャンプロングツーリング <2日目> [ツーリング]

<2日目>

岐阜県 神洞ホタルの里キャンプ場を午前6時半には出発。

早い理由は前日に朝食用のパンを買いそびれたからと1秒でも早く出たかったから。


本日の目的地

・白川郷 ~ 長野県 上高地の近くにある

 ライダーハウス ともしび

1250円で入り放題の温泉付きというライダーハウス。


230㎞ 5時間のコース(Google計算)


[清流の里 しろとり] で休憩

PXL_20231010_231739297.jpg

モーニングとトイレに行こうとしたけど清掃中で仕方なく、ミルクティを買って、まったり。

お店は開いていませんでした、腹ペコ君。


白川郷までの道のりは最高だった!自分的にはビーナスラインより良かったです。

PXL_20231011_002635737.jpg

特に天空の[御母衣湖] [御母衣ダム]が素晴らしく美しかった。

PXL_20231011_002348710.jpg


PXL_20231011_002611417.jpg


PXL_20231011_003245373.jpg

 [御母衣ダム]そびえる壁。


そこから白川郷へ入るのだが寒い。道路の気温計は10度だった。

もうこの時期より後はバイクは厳しいと思った。

PXL_20231011_005130382.jpg

白川郷入り口で悩む。1度入るが100m程でUたーんしてまた出た。


理由はバイクが入ってよいかわからなかったから。標識では侵入禁止ではないのだが

現地の手作りっぽい、観光の車は入ってはダメ的なものがあったから。


悩んでいると普通に乗用車が入っていったので、ついていった。

初![白川郷]だ。

PXL_20231011_005410846.jpg

かやぶきの家は地元の美山かやぶきの里で見慣れているのだが原風景というか

周りの田畑含めて、絵になる場所だと思った。


ただメイン道がバス用なのかとてもフラットで整備されていて、違和感はあった。バスの駐車場も目立った。

PXL_20231011_005702709.jpg

自分はバイクなので細い道もいける。利点を生かして、観光客のいない山の方へいくと

PXL_20231011_005719133.jpg

そちらからの景観が素敵で来てよかったと思えた。


[道の駅 白川郷]へ寄って、休憩。

PXL_20231011_015200834.jpg

東へ向かうR360は結構な難所でくねくねだった。やっとこさ峠を抜けたころ、

お昼時だったので景色のよいカフェで昼食。

1696994402278.jpg

地元のおば様の作ったランチセットはとても美味しかった。


[道の駅 奥飛騨温泉郷]で休憩。近くの観光地を確認。

PXL_20231011_041746191.jpg

昨夜はお風呂に入っていないので、温泉に浸かりたい。

PXL_20231011_050443836.jpg

[平湯温泉] [平湯民俗館] でリフレッシュ。

PXL_20231011_045421855.jpg

ココのお湯は少し熱めだが黄土色でとてもよかったです。

PXL_20231011_045851045.jpg

隣接する小屋も昔ながらの作りで畳でゆっくりできて、本などもあります。

PXL_20231011_045641312.jpg

本当、お勧めできます。無料~お気持ちの寄付で入れます。


R471の東終端はとくにきつい道ですのでお気をつけて。

手首と肩がこって、つかれぎみで本日の目的地

PXL_20231011_060719329.jpg

14時半ごろに[ライダーハウス ともしび]へ到着。


早く付いたのでチェックインが終わったら、荷物を降ろして少し走ろうと思っていましたが

お爺さんが受付してくれて、お金を受け取るお婆さんが昼寝中だから、待っててと言われ、

30分待っても来ず、、、疲れていたのでカメムシだらけのライダーハウスの2Fで

PXL_20231011_072018904.jpg

寝転がっていると前夜、寝不足だったので眠くなり、走る気力が「0」に。


16時ごろにお婆さんいるかなー?と見に行くといた。来たのなら教えてよ~と思ったが

のんびりしてるのもいいなと受付。お風呂は入り放題で食事は予約が無いと無理だからと却下。

1000円ちょいでお肉いっぱいのすき焼きを食べれたらしい。失敗した。


宿代は1100円と入湯税が150円。超安い。

ただ布団を借りるには追加料金。自分は寝袋持参だったのでそれは無しで。


ごろごろしていると大部屋にごろ寝なので、お客さんが。

ライダーだった。3週間くらい旅しているそうで、ノブコブの吉村にそっくりのYさん。声も一緒。

30歳くらいかな?その方がとても面白い人。関東に住んでいたけど、日本一周で訪れた岡山が良くて

引っ越したという経歴の持ち主。


宿で他のライダーと一緒になったのは初めてだったので嬉しかった。しかも良い人。

その後、女性が1名。なんと、この宿、女子も相部屋。驚いた。

「私は気にしませんから」というのだが、Y氏が「こっちが気にしますよ~」と照れ笑い。

自分の提案で部屋に合った大きなテーブルを間に置いて、境界線に。


その後、お爺さんが1名。18時過ぎにライダーが1名。今度は藤原達也にそっくりなイケメン。

25歳くらいかな?ノブコブと藤原君は歳も近く、二人とも日本1周ライダーらしく、

気が合って、話していた。自分は20歳以上はなれたおっさんなので、話に入れてはくれたが

二人の話を聞いて相槌をうつだけで楽しかった。


二人は連泊して、明日はバスで上高地観光へいくらしい。日本一周ライダーは観光も大事にするんだな

と思うと共に、若い二人が羨ましかった。歳を重ねると置いていくものも多いんだとおもった。


夜・・・寒くて眠れんぞ・・。

ホタルの里は寒さは全くなくて、そのあたりは大丈夫だったのですが上高地、、おソルベし。

6度とかしかないんじゃないか??やっぱり松本市の最低気温は6度らしかった。


ハウスは簡素なつくりではっきりいって、テントの方が体温がこもって、暖かいと思う。

外と同じ温度だと・・。自販機にHOTを買いに行くと、外の方が暖かかったという。


吉村はNANGA600という防水機能まである高級な寝袋。テントなしでも寝れるすごいものらしく

極寒でも暖かいらしい。藤原くんはキャンプが嫌いだからと布団を借りてほっかほか。

自分の寝袋はせいぜい10度までだ。臨界温度を越えている。

寝袋はいいのを最初から買わないと後悔するという話題もでたなーとおもいつつも

なんだかんだで21時まで話していたので、疲れもあって、何度か寒くて目が覚めたが眠れた。


朝5時すぎ。外が騒がしくて目が覚めた。上高地は乗鞍へ登る登山家たちも多いらしく

タクシーで登山口までいく客が多いらしい。相部屋のおじいさんと女性も登山らしい。

もう目がさえてしまったので、暗いけど、出発することに。実は3日目はスケジュールがきつくて

心配だったため、丁度良い。夜明けを見ながら走るのも好きだし。


起きている吉村に挨拶を済ませて、3日目がスタートする。

PXL_20231011_201002692.jpg

左からセローは藤原君、カブ90は吉村くん、右のNINJA650が私


~~つづく

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

1300㎞ 富士山キャンプロングツーリング <1日目> [ツーリング]

1日目 午前5時40分 大阪発

名神 茨木ICから、京都東まで高速で移動。

若い時はALL下道でも平気でしたが54歳の今は安全策で体力温存します。先は長い!


本日の目的地は岐阜県

神洞ホタルの里キャンプ場です。


予定到着時間は 4時間40分

予定距離は   240㎞

実走行距離   300㎞


どちらもGoogleさん調べなので、途中の休憩や道路事情は考慮されておりません。


京都東ICから湖西道路を使い、メタセコイア並木へ向かいます。

前回は樹木の葉が全て散った後に行きました。それもまた良かったのですが

今回は別の景色が見れることを期待して。


湖西道路を永遠に走るのも良いのですが琵琶湖までせっかく来たので湖畔も走りたいので

寄り道をします。


白髭神社

PXL_20231009_213125487.jpg

実は初めて立ち寄りました。人が多いのが苦手なので、平日の早朝なら大丈夫だろうと。

目論見はあたり、駐車場は自分のNINJAだけでした。

ここまで無事これたことの感謝をお参りしました。


さて、湖畔へ行くぞと走らせていると、雲行きが怪しく・・・。

雨が降ってきました。「マジカ~~~~~」とヘルメット内で独り言。

PXL_20231009_215719405.jpg

合羽を出すほどでもないと判断。簡易な防水機能はジャケットにもパンツにも付属しているので。


午前中の降水確率は30%。見事に確率範囲内に入りました。

PXL_20231009_221035659.jpg

雨が降ったときだけの景色もあるはずと、琵琶湖を見渡すと綺麗でしたのでGood


メタセコイヤ並木へ向かいます。到着までに晴れるといいなぁーと。

PXL_20231009_222216264.jpg

・・・・・。

雨は止まず・・・・。

まぁ、そんな日もあるさと記念写真。

PXL_20231009_222503307.jpg

動画も。保存サイズを間違えて、荒い映像になってしまう。


そんなこんなで[道の駅さかうち]で休憩。雨も止みました。良かった~~~!!

朝食のクリームパンとカフェオレをいただく。食べておかないと集中力持ちませんからね。

PXL_20231009_230249278.jpg

快適ルートを選んでいたので景色も良いし、ほとんど車もいません。

PXL_20231010_002256604.jpg

休憩を1時間おきにとって・・。

PXL_20231010_015235153.jpg

[道の駅ラステンほらど]でお団子を食べました。これがとても美味しい!おすすめです。

PXL_20231010_020809857.jpg

この駅では今夜の夕飯の食材も購入。野菜とフルーツ。川魚が有名らしいので真空パックの魚煮を買いました。


現在時刻は11時半。予定が速すぎた・・・。時間が山盛り余ってしまう。

ゆっくり休憩した。予定を変えるか?などと考え、MAPを広げる。

次の宿泊地までは5時間以上かかる。無理はダメだと判断。

とりあえず、目的地、[神洞ホタルの里キャンプ場]にむかい、12時過ぎに到着。


キャンプ場内を見学。キャンプ地の半分以上は草が伸びまくり、膝上までありました。

テントを建てる場所を探して、うろうろ。

マムシ注意」 この看板をみて、うろうろするのをやめましたw


テントサイトは自分一人しかいないらしく、夜露が面倒なので、

ひとりならと屋根のある飲食スペースへテントを張りました。

PXL_20231010_032900902.jpg

すると猫の管理人さんがきました。とてもかわいい!

PXL_20231010_073717751.jpg

親の方は触らせてくれましたが、子猫は軽快して近寄ってくれません、悲しい。

PXL_20231010_073913792.jpg

テントを建て終わって、荷物を積み込みおわると13時過ぎになっていました。

昼食を食べに軽くなったNINJAで街道を走ります。5分程で食堂に到着。

ランチを食べてお腹いっぱい。ハムカツが美味しいなアと思ってたら、名物でした。


さて、観光しよう!とスマフォで検索。

[湯の洞温泉駅]というローカルな駅があるそうなので、行ってみた。

PXL_20231010_041858780.jpg

ローカルだったけど、記念にはなった。


次は[湯の洞水道橋]へ。水を運ぶレンガ造りのメガネ橋があるそう。

PXL_20231010_042514610.jpg

到着。橋は頭の上にあって、渡ることは出来なかったけど、レトロで良い感じ。

写真を数枚撮影しました。

PXL_20231010_043144132.jpg

それにしても岐阜の川は綺麗ですね。巨岩も多いし。

PXL_20231010_050429781.jpg

時間はまだ早いので、次は[モネの池]へ行くことにしました。

PXL_20231010_051038124.jpg

駐車場から5分くらいの神社の前の池がそうでした。

PXL_20231010_051553757.jpg

確かに綺麗ですがモネの絵を知っていると、少し小さい池かな?と思ったり、、ナイショだけど。

神社で無事これたことを感謝して、キャンプ場へ戻ります。


そして、ココから試練の夜が来ようとは思いもしませんでした。

嫌なお話なのでご興味のある方のみ、最下部の[続きを読む] から閲覧してください。


ホタルの里キャンプ場自体は良い場所でした。

水場もあって、直火スペースもあり。屋根付きのテーブルも10台くらいありますから。

何より、猫の管理人さんが地元の有志によって、餌付けされていて、かわいいです。

ただバイクは横づけ出来ません。駐車場に置き去りになります。

PXL_20231010_214918271.jpg

自分は心配だったのでトイレの壁の横へぴったりつけて、置いておきました。


走りはすごく楽しかったのに~~とかおもいつつ、

そんなこんなで2日目は白川郷へ向かいます。2日目は良い出会いがあればいいな!

(この願いは叶ってしまいます☆彡)


~~~つづく

 

DQNのお話。不快に思われるかもなので読み飛ばしてください


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

1300㎞ 富士山キャンプロングツーリング <無事?帰宅> [ツーリング]

毎年の楽しみであるロングツーリング

大阪ー静岡編


今年は数年前のロンツーで滞在場所からは二輪で行ける道がなかった[白川郷]

(バスのみ通行可)(その旅はやむなく北へ向かい能登半島へ行きました。)


そこから、[富士山周辺]を巡り伊豆というコース。

PXL_20231012_214512320.jpg

[ふもとっぱらキャンプ場]へ泊まってみたいというのも目的の1つ。


当初の予定は4泊5日だった。

しかし、静岡県芦ノ湖スカイラインでの車体トラブルで4日目に急遽帰宅することに。(後述)


**************************************************

[宿泊費]

**************************************************

神洞ホタルの里キャンプ場 無料

ライダーハウス ともしび 1250円(内入湯税150円)

ふもとっぱらキャンプ場 2000円

________________

3泊4日 合計      3250円

 

**************************************************

[高速料金]

**************************************************

茨木ー京都東 1040円

裾野ー茨木  7300円 (平日/昼間/ETC料金)

 車両トラブルで焦り、下調べしなかったために、東名→名神を使う。

 昔の知っているコースを走り、新規路線を走らず、走行距離(約+100㎞)も金額もあがってしまう。


**************************************************

[走行距離]

**************************************************

1日目 300km

2日目 225km
3日目 300km
4日目 494km
__________
総走行距離 1319km

**************************************************


内容は編集中。故障修理作業があるため、おいおいUPしていきます。

本日は日記メモ的なしおりver。


現在、NINJAは自宅車庫で不動車状態になっております。

PXL_20231014_020316687.jpg

正常には走れない何かを外しており、作業しております。付くかどうかわかりませんが部品を頼んでる最中です。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

明日から富士山キャンプツーリング出発! [ツーリング]

今週は連休明けから年に一度の自分へのご褒美!!!


PXL_20231009_054615724.jpg

パッキング完了!!!


4泊5日で富士山方面へ向かって、キャンプツーリングへ行きます。

北海道を考えていたのですが先月、自分運転のレンタカーで消防団の旅行で

行ってしまったので今回はスルー。北海道のキャンプ場本も買っていたんですが・・。


富士山までは基本下道です。最初だけ京都東まで高速に乗り、琵琶湖の湖畔道路へでますが。

帰りは静岡県の沼津あたりから、高速x2です。


あと何年バイクに乗れるかわかりませんし、やれることは体が動くうちにやっておきたい。

本当は3泊4日だったのですが富士山下の「ふもとっぱらキャンプ場」から伊豆方面へ行き

そこから、一気に高速で大阪まで帰るのは


「やめておけ」


と嫁様からイエローカードがでましたので、(もう歳なんだから、無理するなということで)

安全対策で浜名湖あたりでもう1泊することになりました。


前々回の四国キャンプツーリングで標高の高いキャンプ場での温度低下で


「寒くて寝れない」


というのを嫌というほど体感しましたので、今回は対策品をいくつか持っていきます。

しかし、今週はまた暑くなるとか・・・・どうなってるんでしょうね、本当。


初日はちょっと評判の悪い口コミもある無料キャンプ場です。

平日だから、大丈夫だろう・・という甘い考えで向かいます。


無料キャンプ場の良いところは、早朝何時でも出発出来る事。入りも融通が利くし。

この後、宿泊することになるキャンプ場は全て8時半まで強制的に出れません。

門が閉まっていたり、出発受付がはじまらないそうで。


悪いところはマナーの悪い客にあたると寝れない・・煙とか宴会など、うっとおしい事が

起こるというのですがそれも対策として、耳栓を買いましたし煙はテントごと移動する

スキルを習得しているので大丈夫でしょう。


明日は5時半出発!無事に帰ってくるぞ!!

キャンプツー用の大きい箱が欲しいなぁ~・・33Lではちとパッキングが厳しいので。

サイドバッグは持ってるのですが、使ったことありません。自由が、翼が小さくなる気がして。

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

丹波篠山タンデムグルメツーリング [ツーリング]

本日はAM6時出発で嫁様とタンデムツーリングです。


前日にモーニングセットの予約を行っており、8時には丹波篠山のパン屋さんへ到着せねばなりません。

パン屋さんのお名前は

美しい里のパン屋さんBelle villageベルヴィラージュ)」さんです。


モーニングは予約しないと食べれませんのでご注意を。

以前、嫁様とお邪魔して、美味しさとお人柄の良さに惹かれ、再訪したかったお店です。


足腰が弱っているのでタンデムすると、停車の際、何度もバランスを崩しそうになり、

不安がよぎりました。体力をつけねばなりませんが、中々実践できずにいます。


いつものコースを走り、デカンショ街道のコンビニでトイレ休憩とドリンク。

少し早めにつきそうなのでゆっくり行くことに。


20分ほど前についてしまいそうだったので、お店近くの神社へお参りしました。

PXL_20230913_225410623.jpg

室町時代の狛犬さんが無造作にいたりして、驚きました。綺麗な神社でした。


さて、5分前にお店に到着。お店横の家が売りに出ていたので、いいなーと

PXL_20230913_230036838.jpg

お金があれば買うのに・・とかおもいつつ、散策していると、旦那様が「どうぞー」と

予備来てくれました。


相変わらず、腰が低くて、恐縮です。モーニングは一人800円。

PXL_20230913_231906712.jpg

少しお高いですが、その価値はあるとおもいます。美味しいですし、コーヒーも旨い。

自分は卵のトースト、嫁様はハムトーストを注文。

PXL_20230913_230312849.jpg

綺麗な景色を見ながら、出来立てをいただきます。お客は自分たちだけです。

なんだか申し訳ないですが、ゆっくり1時間ほどかけて、完食。


お礼を言って、来る途中、嫁様が気になったらしい、醤油屋さんへ行きます。


パン屋さんから10分程で着きます。

PXL_20230914_000620442.jpg

田中醤油店さん。地元の醤油屋さんです。濃い口しょうゆを1本購入。

家で味わうのが楽しみです。


次に向かうは登山口。嫁様が行ってみたいらしく、適当に向かいます。

PXL_20230914_004028214.jpg

高城山 八上城跡


少し道を間違いながら、到着。駐車場もちゃんとあって、親切です。

夏場に登山する人もいないらしく、自分らだけでした。

PXL_20230914_004611032.jpg

麓にトイレもありますので、緊急の際は助かりますね。何やら、偉そうな姿勢をとりつつ、考える女帝(嫌な予感が・・)


ここで嫁様から提案が!!

「登ろうか」(命令)

ELFのバイクブーツの私は・・・戸惑いましたが逆らう事は許されませんので「はい」と返事


登山開始です。片道45分程で頂上らしいので、行けないことは無いかも?と希望を胸に。

さすがに夏場の登山は無理があり、、途中何度も引き返す提案がありましたが

それもなんだか、悔しい。お城跡なので、古い合戦場かもしれないので少し怖いながら、上る。

PXL_20230914_010249120.jpg

開けた場所へ到着。

PXL_20230914_010314743.jpg

ココからは平野が見渡せるので、見張りをしていたらしい場所でした。


振り返ると

PXL_20230914_010413484.jpg

果ての見えない長い階段。ここで無理せず引き返すことに。バイクを運転せねばなりませんし。


下り、トラブル発生。滑るバイクブーツの下りはかなり膝に負担になったらしく、

急に「カクン」と何かが抜けたみたいになり、歩けなくなりました。

右ひざに全く力が入らない・・・嫁様を呼んで、肩をかしてもらいつつ、なんとか

麓まで降りてこれました。無理はいけませんね、本当。


しばらく、アイシングして、休憩。何とか歩くくらいは出来るようになったので

バイクに乗る・・・乗るしかないんです・・・はい。こういう時、タンデムは本当、キツイ。


とりあえず、体が暑くてたまらないので、ローソンで梨のアイスを食べました。

これが意外とおいしくて、かなり復活しました!200円以上しましたが・・。


そして、本日の第2の目的。肉を食べに行きます!!

PXL_20230914_015058371.jpg

牛屋たなか さん


人気店らしいです。牧場直営店です。11時OPENですが少し前についてしまったので、

一番乗りでした。食事を待っていると、駐車場はあっという間に満車になりました。

まだ11時だいなのですが、はやく来てよかったです。


嫁様は地元の食材どんぶり。

PXL_20230914_020418983.jpg

私はカルビ丼を頼みました。1200円。


実は朝食を食べてからあまり時間がたってなかったので、お腹が結構はっていて、たべれるかなーと

ボリュームにひるみましたが、肉が美味しくて、完食してしまいました。

このお店のお肉は本当、美味しいです、柔らかいです。


次は2500円のステーキを食べに来ようと誓って、帰路につきました。


本日は曇り空で気温もさほど上がらず、丁度良い感じでした。

途中、通り雨もシャワーのように降ってきて、涼しさすら感じました。


走行距離 170㎞

帰宅時間は14時半くらいでした。


タンデムは疲れますが、嫁様とのデートは楽しかったです。

膝の方は犬の散歩に行けるくらいには回復しました。違和感はありますが。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

[早朝] 美しい日吉ダムツーリング [ツーリング]

今週末は嫁様が同窓会で金沢へお泊りするので、その間隙を突いて!!


AM 05:15 コタローの散歩

AM 05:35 ツーリング出発


前日は22時には就寝し、準備万端。

いつもの朝より、蒸し暑い中の出発となったが走り出してしまえば、

メッシュジャケットの隙間から風が入るので気持ち良い。


実は琵琶湖、メタセコイヤへ行こうかと悩んでいたんですが

どう考えても帰宅できる時間は昼過ぎになってしまう。

熱中症になりたくないので、もう少し、凉しくなってからということにした。


瑠璃渓谷へいくつもりだったのだけど、嫁様も留守なので、足を延ばすことにし、

日吉ダムとなったのでした。


いつものワィンディングコースの気温計は「20度」

PXL_20230909_212001135.jpg

素晴らしいコンディション。神様、ありがとう!!!


前回もそうだったが山の嶺に霧が出ている。

毎年、春に写真を撮影する桜並木へ久々にいき、1枚パシャリ。

PXL_20230909_213629230.jpg

霧のせいかヘルメットのシールドが見えなくなる。

PINロックが結露しているらしく、もう外そうかとおもってます。うまくつけれないし。


デカンショ街道のファミマでカフェオレ休憩。日吉ダムをナビに入れる。

入れなくてもいけるのだが、ナビが案内するコースで行ってみる事に。


いつもは「口人」(読めますか?)の交差点左折するのだが、ナビは直進と指示。

トンネルを抜けるらしい。若干だが、ナビの案内する道の方が速い気もするが

似たようなものだった。途中の神社が綺麗だったので、それが良かったかな。


道の駅を通り過ぎて、日吉ダムへ到着。

PXL_20230909_220627234.jpg

駐車場には車中泊っぽい車が何台か停車していた。


ナビの地図を見ながら、周遊コースを探ると、南の大きな道ではなく、

北側の細い道を走った方がダムが綺麗に見えそうだったので、そちらへGo!!


日吉ダムの突堤の駐車場へ到着したので、普段はこの壁の上とバイクを一緒に撮影は

出来ないのだが、早朝の駐車場ならなんなく撮影は可能だった。

PXL_20230909_221544811.jpg

写真だけではこれがダムの一番上の壁の道とはわかりませんね。

PXL_20230909_221630990.jpg

歩いて先へ進むと、ほら、ちゃんとダムの堤でしょ?


再度、ダム外周を走る。

落石や木の葉があるので、踏まない様に注意しつつ走っていると!!!

PXL_20230909_222517148.jpg

美しい光景が広がった。

PXL_20230909_222525215.jpg

日吉ダムって、こんなに綺麗だったのか・・・・と思える日だった。

この少しガれた道は車通りもなくて、道の横へバイクを停めるのも楽だった。

早朝ということもあるだろうし、他の方は反対側の大きな道を走るためだ。

PXL_20230909_223328715.jpg

何枚か写真を撮影しつつ、暑くなる前に帰りたいので、ダム中盤の橋を渡って、戻る事に。

PXL_20230909_223349840.jpg

ちなみにこの写真を嫁様に送って、「今、長野県にいる」といったら、信じたくらい

写真は綺麗だったらしい。


橋を渡ると広いダム湖周遊道路へでるので、ちょっと走るのが楽しい。

PXL_20230909_222940019.jpg

帰路、無茶苦茶の運転をする子NINJA(乗ってるのは小太りなオタク系)がいて、ちょっと呆れて

(逆走しまくってぬかすを繰り返すが結局、信号で追いついてしまう系)少しからかってみたり。


予定時間(暑くなる前)までに家にギリ無事到着。


Am 09:00 帰宅


走行距離 130㎞


本日もガソリンランプ点滅しつつ、30㎞くらい走行。

あてにならないのが良いのか悪いのかわからないが到着してよかった。


nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

早朝[警察署]へツーリング [ツーリング]

AM05:38

犬の散歩を済ませて、ツーリングの準備をする

今日は嫁様が実家へ帰っているのでチャンスDAY!!!


MYボトルにアイスカフェオレをいれて、愛機NINJA650で出発★

本日は9時から地元消防団の活動があるため、それまでに帰宅しなければならない。

時間縛りツーだ、


いつもの見山のR109コースを走ろうと向かっていると、前方に動物の死体が。

アライグマが頭部を痛打したらしく、片目がない。

毛並みはフサフサとしていて、色つやも良かったのでまだ若いのに可哀想に。

天国へ行けるようにと祈って、潰されないように、道路わきの茂みへ。谷間になっていたらしく

草の間を抜けて、見えなくなった。


R109のお狐様にお願いして、彼が無事に導かれるようにと走り抜け様に祈る

PXL_20230902_212700169.jpg

安全マージンを多めに取りながら、起伏のあるワィンディングを快適に走る抜ける。

道路わきの温度計をみると[20度]だった。涼しいわけだ。


デカンショ街道へ抜けて、いつものファミマで持参したカフェオレを飲む。

休憩は大事だ。

PXL_20230902_213822792.jpg

ふと駐車場へ目をやると、何やらカードが落ちていた。

拾い上げると・・・・ENEOSのクレジットカードだった。


あらら。


予定を変更して、交番へ届ける事に。

PXL_20230902_214839354.jpg

一番近くの交番へ行くと誰もいない。早朝7時前だから?

電話すると亀岡署へつながった。

なんと”!!!

この交番は日曜日がお休みだということだった。

・・・・・休みとカあって、、、いいの??交代制じゃないんだ?と田舎事情をしる。

お隣では地元の消防団がもう活動してる?!!!気合も入ってらっしゃる。

うちは9時からなんだけど・・・それでもめんどくさいのに・・尊敬です。


仕方ないので今日は落とし物を届けるためにもう帰る事にした。

帰り際の警察署へ持っていこう。


第2チェックポイント。見山の派出所で電話。

やはりここも誰もいないし、、、茨木警察へつながる。

しかし、折り返すと言った電話が5分待ってもかかってこないので、

もう直接、茨木警察へ持っていくことにした。


茨木警察着。

PXL_20230902_225621853.jpg

若い受付の警察官が対応してくれた。

書類を書いて、、、7時半に拾ったと言ってしまった。1時間間違えてる。

8時に警察にいるのに僅か30分で亀岡から茨木市内まで戻ってこれるわけがないことを

全ての手続きが終わってから気づく。

いちお、警官に「時間が間違ってるかもしれません」というと

「別に構いませんよ」と返答。構わないんだ???と不思議に思ったけど、

落とし物程度なら良いのかな?と思うことに。


AM08:30

帰宅。

走行距離 90㎞


久々に走るとやっぱり楽しい。

朝は涼しくてとってもよい。車も少ないし。

nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク