フロントタイヤ手組交換&フロントフォークオイル交換 [整備記録]

<整備記録>


溝がほとんどなくなってしまったミシュランPower RSのフロントタイヤ

PXL_20240529_010800112.jpg

峠を走っていても切れ込みが激しくピーキーな感じ。タンデムでは安定しないなど限界。

PXL_20240530_053407448.jpg

しかも、中古で買って組んだということもあり、製造年が驚きの2012年20週

まさかの12年落ちでした。そりゃ、もう、走れてただけで奇跡というか、、管理の甘さにオシオキダベー。


中古のタイヤを探したけれど、後輪が新品のミシュランRoad6を履いていることもあり、

奮発して新品のロード6を買う事にした。

PXL_20240529_021021795.jpg

・・・2万円也

タイヤ1本・・・細いタイヤなのに、まぁ仕方ないけど。

サイズは120/70ZR17

PXL_20240529_021220098.jpg

注文後2日後に到着。2023年40週目に製造の刻印。


さて、今回はタイヤブレーカーもあるし、スムーズに行く事を願おう。

(前回はホイールのリムも内側も傷だらけにしてしまい、一晩かけて交換したのだった)


2Fのベランダからロープを降ろして、NINJA650のフレームを固定する。

PXL_20240529_003753666.jpg

間にロープの長さを調整する治具をいれて、前輪を浮かせるため。


とりあえず設置している間にアクスルシャフトとFフォークのTOPキャップを緩めておく。

その後、リフトアップ。念のためにマフラーへパンダジャッキもかけておく。

後輪はリアスタンドかけてあげてあります。


Fフォークオイルも交換するので、ブレーキキャリパなども外す。

外したキャリパはワイヤーで車体にひっかけておく。チューブを傷めないために。


まずはタイヤ交換。

エアを抜いて、ビートブレーカーでリムを落とす。

PXL_20240529_004703427.jpg

驚くほど、簡単に落とせた。前回が嘘のようだった。タイヤレバーを使って、ホイールからタイヤを外す。

PXL_20240529_004709811.jpg

少し手間取ったけれど、何とか外れた。やり方がまずかったらしく、動画を参考にしたら、すぐ外れた。

PXL_20240529_010802889.jpg

ビートワックスをタイヤとホイールのリムに塗っておく。滑りをよくするため。

コレもやり方を間違えていて、修正するとスコンと下側のビードははまった。

問題は上側をリムにはめるのが大変てこと。無理やりはビート切ると終わってしまうし。


20分程格闘してはまらないので、Fフォークオイルを交換して気分転換。

PXL_20240529_020717607.jpg

社外品のスプリングをいれているので、オイル量が変わってきます。

YAMAHAの15番のフォークオイルをいれました。オイルの汚れは右は綺麗で左は濁っていました。謎だ。

PXL_20240529_020723151.jpg

メーカーのマニュアルには油面は上端から150㎜とありますがそれだと柔らかすぎて

自分には合わないので120㎜にしています。30mm差はと思うかもしれませんが硬めが好きなんです。

試走して硬すぎれば10㎜くらい抜くかもしれません。


オーバーホールではないのでこちらはエア抜きして、しばらく放置。


その間にタイヤ交換を終わらせます。埒が明かないのでシリコンスプレーを接触部に少し噴いて、

滑りをよくします。賛否ありますが前回もこれをして問題なかったのでOKです。


なんとか収まりました。慣れてきたかもしれない?前回とは大違いな速さです。


さて、リムが上がるかが問題。タイヤをバウンドさせて、隙間を小さくしてから、

PXL_20240529_031954336.jpg

中華製電動エアポンプでリムを上げます。バチン!という音。難なく上がりました。拍子抜け。

前回、結構苦労してあげた気がするのですが・・。エアが隙間から漏れて。

PXL_20240529_021016329.jpg

新品タイヤだからかな?タイヤの形を崩さない様にプラスチックのスペーサー。


そうそう、ホイールの内側の塗装禿げ部には錆止め塗料を塗っておきました。


Fフォークオイルも油面調整もエア抜きも終わり、組み上げ。

車体へ取り付け。タイヤも取り付け。毎度、NINJA650のFタイヤのシャフトのネジが噛まない病。

10分くらいネジがはまらず、苦労しましたがキャリパーもつけて、組み上げ完了。

シャフトにはベルハンマーメタル塗っておきました。


車体を降ろして、各所トルクレンチで規定値まで締めます。Fブレーキもエアがみをチェック。OK

ボトムさせて、バネが効いているか確認。OK

PXL_20240529_052455847.jpg

ここで気づく。

あ、タイヤバランスとるの忘れた!!!


タイヤ変形防止にABS樹脂のスペーサーが入っていたし大丈夫でしょう。

ミシュランは取らなくてよいって言ってるメーカーだし、いいか・・・いいよね?ということで試走!


安威川ダムまで先日開拓したショートコースで確認。

ワックスついてるとおもうので、超安全運転で行きました。大雨の後なので山間部は道が川になってたり

流された木の葉が道の真ん中に積もってたりで、ヒヤッとしましたが無事試走も完了。


レビュー

車高があがったのかドラレコが斜め上を向いていました。これは自分の勘違いで、Fフォークの位置を5㎜高く

したために(年取ったので楽に乗りたい)上がっただけでした。光軸がずれたので修正せねば、

まぁ、若干あがっているのは本当。新品だしね。


乗り心地はとても良くなりました。わかるくらい変化が。切れ込みはなくなりましたし、

安定しているのがわかります。普段の走りが出来ればきっと楽しい。

PXL_20240529_062533001.jpg

これで長距離キャンプツーへの準備が整いました。


走行距離 45㎞ ショートコースでも45㎞も走ったっぽい。


総走行距離 30450㎞

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク