クラッチケーブル交換(DIY) [整備記録]

朝からハスラーを移動させ、バイクと入れ替えて、スペースを作り、

NINJAのクラッチケーブルの交換作業を行いました。


動画などでは古いケーブルに新しいケーブルを縛り付けて、

ひっぱれば簡単だとかいうものが多いですが

機種によってはそれは難しいということを自分のバイクで思い知りました。


ケーブルがストレートであれば、出来るでしょうが、

NINJA650のケーブルはクラッチレバー側とクラッチ側の両方にカーブがあり、

曲げる事がそこは出来ません。

古いケーブルももちろんつくりは同じなので、その曲げ加工が引っかかります。

PXL_20230930_015803738.jpg

ワイヤーを痛めるのも嫌なので、古いものは抜き取り、新しいのを最初から入れなおすことに。

PXL_20230930_015808749.jpg

これがサービスマニュアルを見ても通す場所がよくわからない・・

ゆえにケーブルに負担がかからないカーブを描くように通し、かつ他のワイヤーと

同じようなルートを通る形にしました。

PXL_20230930_023625800.jpg

結果、以前よりは軽くなりましたが「激変しました!」とは全くいえません。

そういえば軽くなったなという程度です。

PXL_20230930_024337634.jpg

古い方のケーブルは特に傷んでいる風でもなく、中の古い油分が負荷になって、

粘ってる感じでした。綺麗にして予備として置いておくことに。(廃盤になりそうなので)

PXL_20230930_024334025.jpg

実際、ケーブルの型番が違ったり、汎用のものになっているようでした。

PXL_20230930_034810954.jpg

交換のついでに普段掃除できない箇所を噴き掃除したり、ゴム復活剤拭いたりしました。

マフラーの付け根あたりの点錆が目立つので、そのうち研磨しようかとおもいます。

PXL_20230930_034819208.jpg

<試走>

みんな大好きVIVAホームへ。何年かぶりにエンストしました(^^;

クラッチワイヤーの遊びが全くなくなっていて、倒しそうになりました。

数キロですが帰宅までに調整したら、なんとか使えるように。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0